2015年12月16日水曜日

DORA麻雀と流れ論

今から書くことはめちゃくちゃ適当なので一切真に受けないようお願いします。



と、こんな前置きをして何が言いたいのかというと、DORA麻雀には流れがあるということ。

僕は天鳳1万戦以上打ってきたバリバリのネット出身で、天鳳をやってるときは流れなんて言い出す人がいたら何言ってんだこいつ、と思ってました。

しかし、DORA麻雀を打ってると流れはあると思わざるを得なくなってきました。天鳳を打ってるときは全然思わなかったのでおそらくDORA麻雀特有なんでしょう。(リアル麻雀は語れるほど打ってないのでノータッチ。東風数万戦以上打ってるメカゼ○トン氏あたりに聞いてください)


未だに流れって何だよと思う気持ちもあるんですが、実際にDORA麻雀にはあるんだからしょうがない。実際に目の前に幽霊がいたとしたら幽霊なんていないと言い張る方が逆に変でしょう。そんな感じです。

んで、今日同じ面子で打った3戦目、東発の西家。前の2戦が3、2着と結果もよくないけど内容はもっと悪かった。特に、明らかに北抜く枚数が違いすぎるだろと毎局思ってた。

そして今回もこんなクソ配牌で、やる気もないから国士やってさっさとオリようと適当打ち。

この巡目で2シャンテンは流石にもう無理なのでここで終わり。結局一人ノーテン。


んで次の局、こんな9m普段は鳴かないけどどうにかしないとこのままずるずる行くと思ったので鳴いた。


自分しか仕掛けてない、ドラもない、テンパイもしてないの三重苦でこんなカン絶対クソだけど今回はやる。發が手牌にあるように見えるけどこれカンしてます。


南家のリーチ宣言牌の8sも鳴いて7s切ってテンパイ。ぜっっったいこんなの普段やらない。まだ東1でこれ押すのはリスクとリターンが全く見合ってない。でも流れを変えるためなので致し方なし。


これのめくり合いで負けたらまた一からだけど、何とか勝利。普段からこんな打ち方してると思われたら嫌だなあとは思ったけども。


西家が役牌ドラ4だったり親が見えてるだけでドラ3だったりするけどリーチ。これをあがるためにさっきゼンツしたんや!


あがれて裏ものりました。


その後、オーラスの親で


次の一戦、オーラス和了りトップで

と連トップでした。要するに、


流れはありまあす!


ということです。




よろしければクリックお願いします。

「PINGOO!10周年」

2014年1月20日月曜日

ネッテラー口座を開設する

前回の記事でDORA麻雀のアカウントの作り方を説明したので、今回はネッテラー口座の開設の仕方を説明していきたいと思います。

NETELLER

このバナーをクリックするとネッテラーの開設画面に飛びます。



ここで大事なのは口座の通貨を米国ドルにすることです。

国内口座(日本円)⇔ネッテラーより、ネッテラー⇔DORA麻雀(米国ドル)の方がやり取りする回数がおそらく多いので、ネッテラー口座も米国ドルにしておいた方が為替手数料を抑えることができます。

もし国内口座⇔ネッテラーの方が頻繁に使う、と分かっている方は日本円でいいでしょうが、そうでもない限り米しておいた方が無難です。



上記の例に従って全て半角英数字で記入し、続行を押すと、問題なければネッテラー口座の開設となります。

口座開設後は本人確認を行う必要があります。

認証をクリックし、運転免許証などの本人確認書類をアップロードしてください。

アップロードすると審査が行われ、審査に通過すると出金もできるようになります。審査は数日かかる場合もあるので、気長に待ちましょう。


また、口座開設後はNet+プラスチックカードを申し込んでおいた方がいいでしょう。ATMから引き出すのに必要となります。


(参考)Net+カード(ネットプラスカード)の申請

DORA麻雀へ登録する

ここではDORA麻雀に登録するやり方を解説していきます。




まず、上のDORA麻雀のバナーをクリックして下さい。そうするとDORA麻雀公式サイトに飛びます。



青で囲ってる「ゲームプレイはこちら」をクリックします。



上記のように必要事項を記入し「登録」を押すと、入力したメールアドレスにメールが来るので、そのメールに記載されたリンクから本登録を完了します。




次に、「ゲームのダウンロード」をクリックし、DORA麻雀をパソコンにダウンロードします。




「Download Now」をクリックし、ダウンロード後インストールすれば、これでDORA麻雀の登録は完了です。

Macを使ってる方はWindows用の下にMac用がありますのでそちらを選択して下さい。


後は入出金のためのネッテラー口座を作れば準備完了なんですが、ネッテラー口座は開設に時間がかかるので早く始めたい方はクレジットカードで入金した方がいいでしょう。

ただし、出金はやはりネッテラー口座が必要なのでどちらにせよネッテラー口座は作る必要があります。

次回はネッテラー口座の作り方を解説していきます。